鯛工房

   前髪に目が隠れてるの正義。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いっしたいら的メカクレ考察してみました-本文・下-

「5.正体隠し」
何らかの事情により素性を隠す必要のある人物が、顔を隠すためにメカクレになっているケース。
完全な過程型であり、完全な露出>メカクレの位置づけであり、メカクレはあくまでオマケに過ぎません。
正体が明らかになればメカクレはその意義を失います。正体は公になってないけど特定人物には明かすよ、という展開であればメカクレ状態は存続できますが、露出状態が本来の姿であることは動きません。
メカクレerにはぜんぜんうれしくないこのタイプ、というか正体隠すにしても前髪なんかでやらんでも、それこそ仮面なりサングラスなりバイザーなりでやる方がよっぽどわかりやすいので小物系メカクレに多く見られるタイプです。
これに合致する筆頭はIDOLM@STERキン肉マンのバラクーダP(ロビンマスク)。ちなみに小物系も入れるとザ・サムライネプチューンマン喧嘩男という脅威の三段階もあり、前記のジェロニモも含めて地味にゆで先生はメカクレの星だったりする驚愕の事実。あかほりだけじゃないんだぜ。

「6.セックスアピール」
目を隠す事で逆に口元が強調され、それがエロスを生むタイプ。
KOFのシェルミーセイバーマリオネットのルクスがこれです。
隠す事が前提として存在するキャラクターであるため、露出はむしろキャラクター性を弱める事にもなりかねません。性的アピールが武器であるため大人の女性であることがほとんどであり、これは「2」の「本心を隠して翻弄する」属性とセットで相乗効果を求める傾向があります。
一般にはややハードルが高いためメカクレ者寄り。「2」の属性を活かす為に露出する展開もありといえばアリですが、前述の通りメインウェポンの弱体化と表裏一体なのであんまり推奨はしません。やるならばここぞという最高の瞬間に最大の火力を持って当たるのが最上です。

「7.意味なんて必要あるか」
メカクレはメカクレだから可愛いんだ、可愛いんだから正義、それ以外に理由なんかいるか、\メカクレ可愛い!!/
……という完全に開き直った最終形態にして真理。露出?なんでそんなのしなきゃならないの?

「メカクレは可愛い長所である」という前提で成り立つため、完全に素人お断りのタイプです。それゆえに作品の主軸を担うメインキャラにはまず充てられず、もっぱらモブ、脇役の描き分けバリエーションとして存在します。
メカクレを完全にポジティブなものとして認識しているので、当然露出させる意味も意義もありません。客層は完全にメカクレ原理主義者なのでメカクレであり続ける事が求められます

……ますがしかし、商業でメインを張って欲しいという願望も否定できるものではなく、その場合は商業である以上ニッチすぎるのはいけないとおもいますので、ある程度の妥協が求められるのはおしごとだからしかたないです。
商業でこのタイプをメインにするなら、ニッチ向けとして最大限の努力をしつつも一般層へのアピールが避けられない要求として存在するので、どこで露出させるかはかなり作家のセンスに依存する難しい話になります。大変ですが元々ハードルの高いテーマです。挑んだ以上頑張ってください。その分受け手の礼として感謝と応援は欠かしません。
例を挙げれば、表情・心情を強調したい場面は露出させていいと思います。クライマックスなどのここぞという場面で露出させ、その効果を強調するはっきりとした意図が伝えられれば、通常のメカクレ状態は許容してもらえるかも……しれません……(実情は知らないので断言できません、ごめんなさい)

商業で、かつヒロインであり、メカクレに特に意味はないこのタイプで、最後までメカクレっぱなし、という神がかったケースは寡聞にして猫玄先生の「モバガ」くらいしか知りません。それくらいハードル高いテーマです。
大抵は前記1~6までのどれかにするのがよっぽど描き易いですからね。ストーリー上のギミックとして使えますので。

モブの場合はそういうの気にせずにメカクレ状態で貫徹していいでしょう。そのままの君でいてください。

メカクレに特に意味はないこのタイプ、メカクレ要素を使った展開がない、メカクレならではのメリットがないということは、メカクレ者には物足りなく感じることがあるかもしれません。
しかしメカクレにいいも悪いもない「髪型のワンオブゼムにすぎない」状況は、容姿の選択肢としてメカクレが普通に選ばれる状況として、メカクレが求める到達点であるとも言えるかもしれません。
もちろんそれは理想論であり、おそらく手の届かない遥か遠き理想郷です。でもいいじゃあないですか、理想に向けて歩み続けるのは。
そのためにメカクレを広めていきたい。そのためにメカクレを描いてくれる人は応援したい。そのために、ちょっとでもメカクレの理解の助けになれたら。それがこの考察もどきを書いた最大の理由です。

……そういう意味で布教は大事なんだけど、現在追っかけられる入手の難しくないメカクレ素材はなんだろうと考えて、謎の彼女X1巻という結論になりかける。もっとオススメなのってありますかね?


さて長々と失礼しました。最後には個人的感情ダダ漏らしになっちゃいましたが、ここまで読んでくれた方ありがとう。
あと家族ゲームの遠野神奈さんは俺の嫁だから。お義父さんの許しも得てるから。

いっしたいら的メカクレ考察してみました-序-
いっしたいら的メカクレ考察してみました-本文・上-
  1. 2013/05/19(日) 06:09:44|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いっしたいら的メカクレ考察してみました-本文・上-

ここからはメカクレのパターンをいくつかにカテゴリ分けして傾向と対策を考察していきたいと思います。
細かい分類の前に大きく二つ。
「出すまでの過程がメインで露出したら後は露出がデフォルトになるタイプ」
「onとoffを切り替えするシチュがネタになる両立タイプ」

です。

これは「ツンデレ」を思い浮かべてもらうと判りやすいかも。「心を開く障害を排除するまでがストーリーになるタイプ」「素っ気無い時とデレデレの時の切り替えを愉しむタイプ」とかなり重なると思います。一応このふたつに「過程型」「スイッチ型」と名前をつけて、以下細かい分類に入るとします。

まず
「1.外界に対する壁」
他者に対する恐怖心による拒絶、あるいは無関心による引きこもりのタイプです。視線という自己・内心の発露を他者に見せたくない、他者の意思を見たくないことの表れ。これはわかりやすい過程型ですね。
例としてはアクエリオンEVOLのジンネギま!の宮崎のどかが挙げられます。特にEVOLのジンは、完全引きこもり時は両目が、任務として観察の為他者を見るようになると片目が、ユノハに完全に心を開いた時には両目が露出、とこのタイプの教科書と言えるほど、段階に合わせて非常に明確に描き分けられてます。
のどかは内気である事の表現として、露出後も弱気になったりするとたびたびメカクレ状態で描かれますね。壁よりマイルドな表現として内気、さらにポジティブ寄りとして控えめさの表現としてもメカクレは使われてます。ラムネ炎のカカオわくわく7のティセとかホライゾンの鈴さんとか。
……まあ他にも一般受けが良い属性があるので、内気さや控えめさをメカクレで表現させることは少数派ですが。3.現実は非情であr(ry

壁タイプは対象が心を開く過程がストーリーの骨子であり、目の露出はその描写として描かれます。最終的には完全な露出となるでしょう。
露出状態は信頼・愛情を得たことの御褒美的意味合いが強く、メカクレ<露出な位置付けです。客層としてはかなり一般寄り。

次に
「2.心情表現のフィルタ」
相手が何を考えてるのか判りにくいことによって焦燥感などを愉しむタイプです。
次にどんなパンチが飛んでくるかわからなくてドキドキする!そんなタイプが謎の彼女Xの卜部美琴。トラブルメーカー要素がつくとあっちこっちの片瀬真宵
上記の二人は相手をイジる意図があるかどうかでも分けて考えられると思います。本心の読めない年上のお姉さん、あるいは悪戯心満載な兄ちゃんに翻弄されたくはないか同志(タワリシチ)!なあ!

このタイプにおける露出は、明確に伝える意図をもった心情表現を意味します。本気の言葉を裏付けるものになるのです。
いつもはぐらかされるのに、ふとした拍子に見せるガードを解いた姿、それは自分への信頼であり愛情であり、ようするに御褒美です。
不意打ちをより効果的にする為にメカクレ状態が基本形態になるでしょう。でも大体はメカクレ=露出で価値は等価です。

大分類ではスイッチ型。キャラとしてメカクレであることのアドバンテージが明確なのでメカクレ属性を失う心配は少ないですが、逆にメカクレでないと駄目な理由もない。むしろ露出させるべき明確な意味があります。
このため、このタイプにメカクレであり続けることをこだわるのはお勧め出来ません。メカクレ者にはある程度の割り切りが求められます。
メカクレ状態での手の内の読めない立ち回りが要求されるため、一般客層にも少々ハードル高いですが。

「3.野暮ったさの表現」
眼鏡をとったら美人!とだいたい同義。
自己評価の低さもありますが、他者の視線に対する無頓着さの方がニュアンスとしてはより強いかと。
チラリズムから素顔への興味を引き、素顔を見たいという欲求から露出、という流れが王道です。
眼鏡の持つ知的さの表現などのポジティブな意味合いがないため、このタイプは最終的に「ちゃんと身なりを整えたらポテンシャル活かせるよ!」となりがちです。
客層はもう極めて一般向け。「この野暮ったいのもひょっとして可愛いかも・・・?」と仲魔に目覚めてくれることを期待する、入門的なものとしての位置づけはありかもしれませんが……
まあメカクレ者からは間違いなくいい反応は返ってきませんね。例としてはドレッペの四宮ひまわりがまさにこれ。みどりぜったいにゆるさない。

これがもうちょっとマイルドになると、マイペースさ、朴訥さの表現になります。目隠れっ娘世にはばかる!の音夢キン肉マンのジェロニモなどはこれに該当するかと。
マイペースさや朴訥さは長所として成立するので、そのままメカクレ状態であり続けることは珍しくありません。ただ、そのキャラ性を表現できる属性は他にもあり、認知度もそっちのが上だったりするので……メカクレでなくてもいいじゃん、となりがちで……ウウゥ……

こっちの場合は露出する必要は特にありません。隠しっぱなしでも成立するし、前記2を踏まえて大事な場面での本音アタックに露出する、という演出もありでしょう。
どの辺の層をターゲットにするかで判断するのがいいと思います。

「4.フォームチェンジ」
メカクレ状態と露出状態でスペックが違う!というタイプ。スイッチ型
変身ヒロインみたいなものと捉えてもらってもいいかもしれません。真/仮主/副の2軸でバリエーションがあります。
メカクレっ子が変身して活躍、みたいな話だと、メカクレが(真/主)、露出が(仮/副)、
メカクレ状態を世を忍ぶ仮の姿としている話だと、メカクレが(仮/主)、露出が(真/副)、
よそ行き身支度モードと自宅でのすっぴんモード、みたいな話だと外回りの格好が(仮/主)、すっぴんが(真/副)、という感じです。

このタイプでもメカクレ状態と露出状態は等価です。メカクレ状態での本心演出として露出、という展開もありえるし露出フォームでもメカクレにすることで心情を隠す展開もあり……ということで境界はやや曖昧ですが、メカクレである状態、露出である状態とスイッチががわかりやすいので一般寄りと言えるかもしれません。
露出は避けられないので、メカクレ者は割り切りましょう。

例としては超少女明日香が該当するかな……? 拙著同人誌「What's yours is mine.」※リンク先18禁)に登場した女の子も明確にこのタイプです。

つづき→いっしたいら的メカクレ考察してみました-本文・下-
  1. 2013/05/19(日) 04:01:20|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いっしたいら的メカクレ考察してみました-序-

昨日赤提灯さんにこんな質問を受けたので、いい機会だから自分のメカクレに対する考えをまとめてみました。

@tomosibi18 メカクレスキーの方々にとって、目出し率はどの位がベターなのでしょうね… 出来る事なら目チラの一度すら無い方が良いんです?

だいぶ長文になってしまうのでツイッターでの返信でなくテキストで纏めてこっちに。・・・ちなみにここで言うメカクレは、前髪による両目のブラインド/チラリズムを対象としてます。

※これはあくまで私個人の考察である事をお断りしておきます。これでもかなり真面目に考えてますが、ツッコミも異論もあるでしょうしむしろ存分にやって補完してください同志(タワリシチ)。あと私はメカクレ者としてはある程度の露出許容派。

本題の前にまず大前提として「メカクレはネガティブな意味の属性である」ということを踏まえます。メカクレ大好きだけどこれは事実で仕方ない。言葉の通り、この属性は目を隠す、さえぎることで成り立つものです。

意思の発露、表現の要である目(とその周辺)を隠すことは、キャラクター表現の上でかなりの重さを持ちます。眉を吊り上げてもハの字にしてもジト目でも涙浮かべても見えないんですから。在って当たり前のものがないというのは非常にマイナス要素です。
在るべきものを隠す、遮るメカクレは、その一点をもってけしてポジティブな意味合いにはならないのです。ここがオシャレなどの意味を持つ眼鏡や片メカクレと決定的に異なるところ。私メカクレ大好きですがどうあがいても趣味性癖としては少数派です。現実は非情である答3答3答3

・・・ゆえにこそ、そのネガティブな属性をあえて付加する意味は重要になってきます。なぜわざわざメカクレにするのかの意味と理由は、転じてメカクレでなくなる意味と理由、目が見える意味と理由に関わってくる。メカクレの目を出すかどうか、出すならどう出すのかは、そのキャラがなぜメカクレであるのかという理由から導かれるもので、それを抜きに目を出すことの是非は問えません。
・・・長くなりましたがここまでアバンタイトル。ここを踏まえて頂いたら次からやっと本番です。

本編につづく。
いっしたいら的メカクレ考察してみました-本文・上-
  1. 2013/05/19(日) 03:26:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅くなりましたが

コミティアで来てくれた皆様ありがとうございましたー。
おかげ様で会場では、10周年本完売でした。

再版とショップ委託の申し込みはしてますんで、月末には店頭に並んでると思います。
メロンブックスさん虎の穴さんでは予約が始まってます。


あと最近らくがいたメカクレまとめ。
  1. 2013/05/17(金) 16:05:09|
  2. 同人・サークル活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミティア104の新刊完成しました!

ヒイィずっと放置プレイでごめんなさい。

なんとか今度のティアで出す10周年本の入稿が終わったですよ。

tia104_00a.jpg
表紙

本文サンプル ※リンク先18禁

今回のはいつか描きたかった姫様話です。

ゲストさまも、人気投票に参加してくれたみなさまも、ありがとうございましたー!

それでは来る5/5のコミティア104『ら34a (有)化野水産』でお待ちしております!
 
  1. 2013/04/26(金) 08:56:39|
  2. 同人・サークル活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
前のページ 次のページ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

いっしたいら

Author:いっしたいら
ご連絡は
isshi●f7.dion.ne.jp
まで。●を@に直してください。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター


無料カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。